噴火

御嶽山の噴火、驚きです。


被害にあわれた方々の安否が気になります。


しかし、今回の噴火って予測はできなかったのでしょうか?
2011年3月11日
一生忘れることのできない出来事が起こりました。


未だに仮設住宅暮らしの両親。


震災後、しばらくし、想定外の津波と発表されました。


先日の広島の災害の件、今回の噴火の件、
それも想定外なのでしょうか?
そんな事が多すぎます。


自らに降りかからなければ、
報道も対岸の火事的な風に感じます。


もちろん、その地のその状況と人々を
継続して見続けてくれる報道の人たちもいます。


この違いはなんなんですかね?
自分がそうなったらと考えるのが、
国関係なくの人間だと思うんですがね。

今、気になっているのが非常事態で生き残るための防災グッズ!

こんばんわ!!
つい最近、茨城を震源地としてまた大きな地震が発生しましたね( ゚Д゚)
本当に、いつ何時、また阪神淡路大震災や、東日本大震災みたいな大災害に直面するか、本当に不安でいっぱいの毎日を過ごしているヒトも多いのではないでしょうか??
いざという時の非常事態で生き残るための防災グッズを用意しておくのが、これからの日本では必須ですよね汗
それならば防衛策として、信頼できる防災グッズを通販で購入して用意しておくのが絶対に必要です!
安心安全で使える防災グッズはいったいどこのネットショッピングサイトが激安な値段で買えるのでしょうか?
アマゾンさんが日本国内ではとっても有名ですけど、私は個人的には楽天(らくてん)を強くオススメします!
なぜなら、楽天ポイントも貯まりますし、ポイントを保有しているヒトなら、ポイントだけで防災グッズを注文することも可能ですしね!!
楽天はしっかりとランキング殿堂入りの防災商品が目白押しですから、なんだかんだで一番格安で買えるのではないでしょうか?
有名なショップですと、アットレスキューさん、ミドリ安全さん、防災スペシャルショップさんとかが、名前が知られていますね!
しっかりと楽天市場の口コミやレビューなどを参考に、後悔しないお買い物をするようにしていきたいものです。

May.Jさんが友達の看護師にそっくり

「ありの~ままで♪」で大人気の
アナと雪の女王の主題歌を歌っているMay.Jさん。


私も映画を見に行ったが、本当に透き通るような、
でも力強い歌声に感銘を受けた。


May,Jさんは小さいころから将来の夢で歌手になり
「ディズニーの主題歌を歌いたい!」と思っていたそうだ。


夢をかなえるということは本当に素晴らしい。


そして夢を持ち続けて生きていることも素晴らしい。


何より彼女は看護師で同期の友達にそっくりなの。


⇒ 新宿で検索
私は夢をかなえることもとても素敵だと思うけど、
夢を叶えるまでの過程で奮闘する姿により感動する。


楽しい事ばかりの歌手生活ではなかったと思う。


でも好きなことを続ければ形になるんだ、
ということを彼女から教えてもらった気がした。


そしてまた歌の歌詞が「ありのままの~」なもんで、
好きなもの好きだと、ありのまま生きていたら
何かしら結びつくものがある!と
彼女から身をもって伝えてくれているような気がして、
余計にこの歌の事を、私は好きになった。

乱視をなんとかしたい

乱視をなんとかしたい
綺麗な星空や、くっきりとした月を見たいと日ごろから思っています。


遠くの人の顔や、テレビの細かい文字なんかもくっきり見えたら、
きっと世界がクリアになるんだろうなと思っています。


わたしは強度の近視なのですが、
それに加えて乱視があります。


乱視って近視より厄介で、見たいものが重なったように見えたり、
歪んで見えたりとなかなか見えづらいものです。


コンタクトレンズで矯正は可能なんですが、
装着時に違和感がかなりあります。


ゴロゴロ感はかなりつらいものがあって、
なかなか乱視矯正に踏み切れないんですよね。


眼鏡なら簡単なんですが、
強度の近視だと、ビン底眼鏡と目が小さくなってしまう難点があって、
女性のわたしとしては、乱視を我慢する方がいいなとなってしまいます。


でも、くっきりとした世界も憧れる。


ヤマダ電機iphone6予約情報
ゴロゴロしていてもいいから、コンタクトレンズを乱視用に変更しようかな。

ゴミにしない工夫

身近にあるリサイクルショップや
自治体が運営しているリサイクルプラザなどを利用すれば、
不用品が修理・修繕されて、必要な人の手に渡ります。


自分には要らないものでも
誰かにとっての宝になる場合もありますからね♪
もちろん、着なくなった服を
子ども服にアレンジしてみたり、
パッチワークにしてエコバッグとして愛用してみたり・・・
リユースを趣味として楽しむのもステキですし、
生ゴミを家庭菜園の肥料として使うなど
ゴミを出さないように努めることも大切です。


『身のまわりの物をゴミにしない工夫』。


仕方なくやる・・・のではなく
自分流のアイデアを活かしながら
楽しんで出来るとイイですね♪

●エクセルのコピーとは、

●コピー
列のコピー、行のコピー、セルのコピーだけでなく、Sheetのコピーまで、エクセルのデータ処理の中心・基本といえます。


バリアブル処理の前のエクセルでのデータ整備には、必須な機能です。


切り取り+張り込み もしくは 切り取り+挿入
コピー+張り込み  もしくは コピー+挿入 と表現されるものです。


裏のメモリーに、コピーされ表では、見えないが、上記操作でデータの移動・張り込みが実現できるものです。


文字・計算式・セル・列・行・シートと、コピーの対象です。


そして、多くのソフトで実現している方法として、エクセルでのカット・コピー・ペーストには、CTL+X、CTL+C、CTL+V とセル単位または、複数のセルで行うことで処理効率を上げることができる。


すこし慣れてくると、セルをコピーして、その列の下のデータ全部にペーストしたいことが、起きてきます。

コピーする対象は、計算式です。


■[参考] デジタル+印刷+営業の未来を拓く。


デジタル学習の登竜門を御覧ください
エクセルからDTPそしてプログラム・WEBで系と、デジタルの基礎が網羅されています。


印刷+DTP+WEB+プログラム+動画+SEO+バリアブル
これが、デジタル印刷営業のテリトリーです。

教育・受験・読書情報(162)

最近ではタブレットなどを使った幼児教育も登場しています。

タイプも色々あって比較サイトなども作られているので、そういったページや口コミを見てインストールしてみてください。

賢くなるということのみが教育ではないと思います。

コミュニケーション能力を学ぶのも教育の一種で、コミュニケーションは家族と話したりすることによって自ずと学んでいけるものです。

社会の中での生活を学ぶところ、それが学校です。

社会に出るにあたり欠かせない知識を身に付けるところであり、家族の支援だけでは学習できないことを学べる場所です。

様々な意見があるのですが、受験戦争は子どもにとって好ましくないことと言う方もいます。

その訳の一個に子どもが望んだ受験ではない場合、自分の意見がない大人になるといったことが挙げられます。

効率の良い受験勉強のやり方は復習を何回も行うことと言われています。

暗記を必要とする教科もあるので、そのような科目も教科書を確認するだけではなく問題集を何度も解くことが重要です。

デング熱感染の紗綾が電話で生出演

タレントの紗綾さんがデング熱に感染しましたが
TBSの情報番組「王様のブランチ」に電話で
生出演をして話題となっております。


紗綾さんは先月21日に、同番組のロケで代々木公園を訪れ
昆虫採集の様子を収録しました。


その際、40カ所くらい刺されたとの事で、
これにはMCの谷原章介さんも驚いて「気付こうよ!」と
ツッコミを入れておりました。


紗綾さんは既に退院しており自宅療養中との事ですが
入院中は発疹がひどくて足が腫れ上がり眠れない程だったとの事。


40カ所も刺されたら、それは腫れ上がりますよねぇ。


デング熱に限らず、病気というのはいつどこで罹患するかわかりません。


それが入院となると、お金も結構かかりますよね。


急な入院費の出費というのは痛い物です。


そんな時にはお金が借りられる消費者金融の出番です。


申込審査もネットやスマホで迅速にできますし
提携ATMも全国各地に広がってますので
突然まとまった出費が必要な事態には心強い味方になってくれますよ。


入り用になってからバタバタしないように
今のうちに自分に合った消費者金融はどれなのか
サイトにアクセスして確かめてみるのは如何でしょうか。


さて、紗綾さんですが
来週には番組に復帰できそうだとの事。


きちんと対処すれば重傷化するものではない病気ですので
デング熱かな?と思ったら
まずは保健所に相談するなどの対応を取って下さいね。

私たちの江戸時代の私たちの先祖が味わっていた、

私たちの江戸時代の私たちの先祖が味わっていた七夕の風と、当たり前のように私たちが涼んでいる七夕の7月7日の風というのは全く季節が別になってしまっているのだ。

このあまり知られていない事実は今の日本に生きる私たちが当たり前に知っておかなければらない事ではないだろうか。

新暦で祝う伝統行事も旧暦で祝う伝統行事も、良い悪いというのは決めようがない。

だが、せっかく伝統の行事を満喫するような時には、わずかばかりでもいい。

実際に昔のご先祖様たちが感じていた風というものに夢をみてみるというのもなかなか乙なものではないだろうか。

7月の7日は七夕だ。

そこかしこで真面目な顔をした願い事も少しふざけたような願い事も一緒に混じってつるされた立派な笹の木を見つけた。

笹の葉の中で色とりどりの短冊が揺れているのはこの季節の独特の風景だ。

4回の単身赴任の引越しで体得

私は単身赴任を4回経験しました。


その度に引越しに関するノウハウが身に付きました。


自宅から赴任先への引越しの際には、家電や収納関係や雑多な日常品も、赴任先の土地勘がなく、
自宅で揃えて引越し荷物として運んでもらっていました。


しかし、2回目からはマンションやアパートを下見に行く時に、そうした品をどこで揃える事ができるかを、
不動産屋さんに聞き込み、可能な限り現地調達を徹底する様にしました。


家電の中でも、自宅に戻る時には、冷蔵庫や洗濯機の処分が必要ですが、
これはリサイクルショップに買い取ってもらうようにしました。


廃棄するには費用が掛かる為、丁寧に使い、リサイクルショップに買い取ってもらえるように注意しました。


また、自宅に戻る際には、雑多な日常品は、早めに分別して自治体のゴミ回収で廃棄出来るようにしました。


引越し費用は、移動距離と、荷物の量と、付帯サービスで決まる為、荷物の量を減らし、
単身パックのカートに収まりきるようにするのが、安く上げるノウハウだと体得しました。