離婚をする時に知らなくてはいけないこと。

結婚する時よりも結婚するときのほうが数十倍の体力を使います。

子供がいたり、自宅を購入していたりすると、財産分与や親権などをめぐって長い間、決着がつかないこともたびたびあるようです。

こういったときの解決方法としては、それまでにこういったトラブルについて何も知識のない一般人は、弁護士を雇う必要があると考えます。

しかし、弁護士を雇う前に離婚調停を進めるためには、別の方法があることを意外と知られてはいません。

実は日本の法律では、離婚裁判に行く前には離婚調停をしなければいけないと定められているのです。

つまり、弁護士の出る幕はないということです。

そして離婚調停は、法律上で正しいことを決める場所ではなく、自分に有利なように立会人の同情を誘う場所とということを知っておく必要があるのです。

その詳しい内容は、http://kaiketsu.yoshimin.info/で説明しています。